タイトルを入力してください

サブタイトルを入力してください

舗装工事

PAVEMENT
大阪府大阪市の伊藤組は、アスファルト舗装、インターロッキング舗装、アプローチ舗装、コンクリート舗装など
の舗装工事を専門的に手掛けている業者です。

社員の仕事の1日の流れ

Web Solution Division - Interactive Planner
あのイーハトーヴォのすきとおった風、夏でも底に冷たさをもつ青いそら、うつくしい森です。夏でも底に冷たさをもつ青いそら、うつくしい森です。夏でも底に冷たさをもつ青いそら、うつくしい森です。
01
AM 9:30
担当する現場へ移動
あのイーハトーヴォのすきとおった風、夏でも底に冷たさをもつ青いそら、うつくしい森です。夏でも底に冷たさをもつ青いそら、うつくしい森です。
01
AM 9:30
アスファルト舗装
アスファルト舗装は、砕石・砂などの骨材とアスファルトを加熱したアスファルト合材を敷き均し、転圧して施工するものです。比較的交通量の多い道路の場合は、下部より下層路盤、上層路盤、基層、表層と構成されています。路盤には砕石を用い、合材によって基層と表層を施します。全体の構成厚は50cm程度であり、合材は上部の10cmほどです。交通量の少ない道路ならば、合材は表層のみとなり、厚さも5cm程度となります。
項目を追加

社員の仕事の1日の流れ

Web Solution Division - Interactive Planner
あのイーハトーヴォのすきとおった風、夏でも底に冷たさをもつ青いそら、うつくしい森です。夏でも底に冷たさをもつ青いそら、うつくしい森です。夏でも底に冷たさをもつ青いそら、うつくしい森です。
01
AM 9:30
担当する現場へ移動
あのイーハトーヴォのすきとおった風、夏でも底に冷たさをもつ青いそら、うつくしい森です。夏でも底に冷たさをもつ青いそら、うつくしい森です。
01
AM 9:30
インターロッキング舗装
インターロッキング舗装は、幾何形状をしたコンクリートブロックを路盤またはアスファルト舗装の上に敷設するものです。耐久性、安全性、快適性、景観性に優れているほか、最近では保水性、透水性、緑化性などの環境に配慮した舗装も行われています。
ブロックの形状や色を組み合わせることで様々なデザインが出来るため景観性に優れており、また色彩の異なるブロックを組み合わせることで視認性を高めることも可能です。また、透水性ブロックや保水ブロックを用いることにより、ヒートアイランド減少の緩和も可能となります。
項目を追加

社員の仕事の1日の流れ

Web Solution Division - Interactive Planner
あのイーハトーヴォのすきとおった風、夏でも底に冷たさをもつ青いそら、うつくしい森です。夏でも底に冷たさをもつ青いそら、うつくしい森です。夏でも底に冷たさをもつ青いそら、うつくしい森です。
01
AM 9:30
担当する現場へ移動
あのイーハトーヴォのすきとおった風、夏でも底に冷たさをもつ青いそら、うつくしい森です。夏でも底に冷たさをもつ青いそら、うつくしい森です。
01
AM 9:30
アプローチ舗装
アプローチ舗装とは、レンガや天然石を用いることによって、コンクリート部分をおしゃれに演出する舗装です。既成のコンクリートに目地材を張り付けるなどして、模様を付けて仕上げることができるため、住居のリフォームにも適しています。
項目を追加

社員の仕事の1日の流れ

Web Solution Division - Interactive Planner
あのイーハトーヴォのすきとおった風、夏でも底に冷たさをもつ青いそら、うつくしい森です。夏でも底に冷たさをもつ青いそら、うつくしい森です。夏でも底に冷たさをもつ青いそら、うつくしい森です。
01
AM 9:30
担当する現場へ移動
あのイーハトーヴォのすきとおった風、夏でも底に冷たさをもつ青いそら、うつくしい森です。夏でも底に冷たさをもつ青いそら、うつくしい森です。
01
AM 9:30
コンクリート舗装
コンクリート舗装とは、骨材とコンクリートを用いて舗装するものです。コンクリート厚は10cmほどであり、コンクリートの中間にはワイヤーメッシュや配筋を施します。コンクリートは非常に強固であるため、住宅や駐車場の施工に適しています。
項目を追加

舗装工事の流れ

WORK PROCESS
一般的なアスファルト舗装の施工手順について説明します。

1
路床工

舗装工事では、最初に路床工を行います。これは、道路の基面となる路床を作るものです。ブルドーザーやモーターグレーダーで転圧をかけて作るのが一般的です。基本的には、切土や盛土を行った後に路床工を行いますが、場合によっては置換工法や安定処理工法といった処理を施して路床を強化した後に、路床整形を行います。伊藤組では路床工の際に、必要以上の重機作業を避けること、軟弱盤や盛土部分を丹念に固めることによって路床の支持力を均一にすること、路床整形後に作業車を通す場合には下層路盤の一層目を必ず仕上げることなどに留意しています。また、路床の段階で軟弱な箇所があると、それが致命的にもなりかねないため、伊藤組ではブルーフローリング試験をきちんと実施し、問題ないことを監督者自身がチェックしています。

2
路盤工

路盤は、そのうえの基層と表層を支える重要な役割を果たします。
伊藤組の路盤工では下層路盤にはC-40やRC-40などのクラッシャランを用い、上層路盤にはM-25などの粒度調整砕石を用いています。砕石工場などで製造されたものをモーターグレーダーで敷き、ロードローラーとタイヤローラーで転圧します。
伊藤組では、路盤を十分に締め固めるために最適含水比近傍で施工すること、構造物近傍や縁端部などの弱い部分は特に入念に締め固めること、そのために2種類以上のローラーを併用すること、材料の無駄遣いを減らしつつ平坦に仕上げることなどに留意しています。

3
プライムコート

プライムコートは、路盤の表面を強化すること、雨水の浸透防止、路盤からの毛管水上昇遮断、アスファルト混合物との接着性確保などのために行う工程です。
アスファルトディストリビュータやエンジンスプレーヤを用い、上層路盤の表面にアスファルト乳剤を1~2L/㎡程度散布します。

4
基層(アスファルト舗設)

基層の工事は、敷均しの後に締固めの流れで行います。
まず、厚さを余盛量15~20%として、アスファルトフィニッシャーでアスファルト混合物を敷き均していきます。
敷均しが終わったら、ローラーを用いて締固めを行います。継目、初期転圧、二次転圧、仕上げ転圧の順番で行います。また、初めに目地部を転圧し、次いで横断方向の低い方から高い方へと幅寄せしていきます。

5
タックコート

タックコートは、基層と表層、または付帯する構造物などとの付着をよくすることを目的に行われます。タックコートもプライムコートと同じ要領で、アスファルト乳剤を0.3~0.6L/㎡程度散布します。
タックコートやプライムコートは設計上の強度とは関係がないものの、耐久性を向上させるために重要です。

6
表層(アスファルト舗設)

作業方法は基層と同じです。これまでの下層の不陸(平坦ではないこと)を解消するために、特に平坦に仕上げます。
伊藤組では、単に不陸の解消だけではなく、道路の顔ともいえる表層を丁寧に仕上げることで、綺麗な仕上がりにする努力も惜しみません。また、打継目では上下層の継目が重ならないようにし、車線を明示するペイントの横面に合わせることで美しく仕上げるようにしています。

値段表

PRICE LIST
項目
テキスト
100~200㎡
3,000円/㎡~
50~100㎡
4,000円/㎡~
10~50㎡
5,000円/㎡~
1~10㎡
8,000円/㎡~
項目を追加
※施工方法や現場の状況によって値段は変化しますので詳しくはお問い合わせください。

CONTACT

お問い合わせ
ご依頼・ご相談はこちらからお問い合わせください。
お気軽にご連絡ください。